姫路の住まい情報館 新商品、展示会や各種イベント・キャンペーンと最新の住宅政策情報

兵庫確認検査機構 設立10周年記念式典

2010-02-08 (Mon) 10:46
先週末(2月6日)、設立10周年を迎えられた兵庫確認検査機構の記念講演会(たつの市赤とんぼ文化ホール)に参加してきました。



午後一時からの開演でしたが、30分前には若い建築士の皆さんでいっぱい。講演のテーマは「環境問題と木造の可能性」

開会のご挨拶には、戸澤社長が、「地域に根ざした確認検査機関として、建築の原点に立ち返り、地域との絆とあんしん・安全な社会づくりに貢献してゆきたい。」とのお話の後、エコロジーとは何か?とか、木造建築の可能性を再発見する講演で充実した一日を過ごさせていただきました。

第一部では(株)連合設計社市谷建築事務所の吉田桂二先生が、広い視点で鋭く物事の真実に迫る語り口は圧巻。珠玉の一言をご紹介します。
  1. 環境に優しいというが、環境は優しくないこともある。
  2. 現代の住宅は既製品のアセンブリ住宅だ。ハウスメーカーは完全商社。部材メーカーにとって、工務店は販売代理店。
  3. 開放性のみが環境保全に環境保全に資する
  4. 家の作り方は「ふれあいづくり」
  5. 住宅の性能を重視しすぎると家庭崩壊する
  6. 家づくりは間取りから始めてはいけない。2階から同時進行で1階の間取りを考える。
  7. 窓は掃き出しにして、高低差の温度差と吹き抜けでドラフト通気する
  8. 開口部は柱いっぱいで窓外観のバランス、サッシは柱の外側で重ね遣いする
  9. 家の高さは低く抑える。コスト面も階段も楽。
  10. エコロジー住宅の原点は「共生」と「共棲」で自然とケンカしないこと
第二部では、増田建築構造事務所の増田一真先生が、間伐材を利用した見事な大空間の構造体をスライドで説明してくれました。曲がり丸太材を小屋梁に用いた本格的な木構造は圧巻。自然の材をこんな使い方もできるのだと、改めて感心した次第です。

戸澤社長、ありがとうございました。今後益々のご発展を祈念しております。



Comments

Name: 

URL:

Comment: