姫路の住まい情報館 新商品、展示会や各種イベント・キャンペーンと最新の住宅政策情報

中古住宅の流通とリフォーム市場の整備政策

2011-02-19 (Sat) 13:36

第2回目 平成23年5月30日
 
資料8 リフォーム・中古住宅市場倍増プロジェクト調査報告書
資料9 中古・リフォームの潜在需要について
資料13 リフォーム市場の活性化についての検討

第3回目 平成23年6月27日 
 


2月9日に第1回「中古住宅・リフォームトータルプラン検討会」開催された。議題は「中古住宅流通・リフォーム市場の現状確認と市場拡大に向けた方策」。

参考資料:国土交通省
中古住宅・リフォーム市場の現状(資料(3))
中古・リフォーム市場活性化の方向性と現在の取組み(資料(4))
現在の取組み(資料(5))

リフォームでの検討テーマ
  1.  リフォーム瑕疵保険の充実
  2. 消費者の相談体制の整備推進の必要性
  3. インターネットなどを利用した事業者情報の提供
  4. 多様なプレイヤーの参入促進
  5. 住宅エコポイント制度のような新たな助成制度の整備の必要性等
中古住宅での検討テーマ
  1. 既存住宅売買瑕疵保険の保証対象を拡大
  2. 住宅履歴情報の蓄積を推進
  3. インターネットなどを利用した良質な中古住宅が購入できるサイトの整備
  4. 消費者が安心して中古住宅を取得できる窓口整備の必要性
  5. 住宅の評価に応じた査定の仕組み構築や融資や税制などにおける新築以上の優遇措置等

今後は月1回のペースで検討を重ねていく予定。5月下旬には素案を作成しパブリックコメントを実施の後、6月下旬には最終案を固めたい考えという。今後の具体的な政策への反映を見守って行きたい。 1102231111111022311


国土交通省が平成23年2月4日付の報道で明らかにしたところによれば、中古住宅の流通とリフォーム市場の増大に向けて実務家レベルの「中古住宅・リフォームトータルプラン検討会」 を発足させた。平成22年6月に閣議決定された新成長戦略に盛り込まれたものを具体化するプランを作りあげるもの。

参考:growth 住宅・都市分野の成長戦略(国土交通省)

財団法人のインフィルリフォーム懇談会では、「無料相談券」によるリフォーム需要の開拓に向けた社会実験が実施された(平成23年12月終了)が、引き続き需要創造策が検討されている。

住宅産業がもつ内需拡大のポテンシャルは大きく、景気対策や雇用拡大にもなるため、従来型の公共事業に代る新事業として取組み、「国民の生活が第一」を実現してほしいものだ。110219