姫路の住まい情報館 新商品、展示会や各種イベント・キャンペーンと最新の住宅政策情報

省エネ住宅・建築物に対する支援事業

2013-02-20 (Wed) 11:29
2月27日に国土交通省平成24年度補正予算が成立し、「住宅・建築物省エネ改修等緊急推進事業」の応募が開始されました。*応募期間は平成25年2月27日~3月13日です。
 
詳細は下記ホームページよりご確認ください。
(独)建築研究所 建築物省エネ改修事業担当 住宅・建築物省CO2先導事業評価室
http://www.kenken.go.jp/shouenekaishu/index.html

平成24年度補正予算案に盛り込まれました「住宅・建築物省エネ改修等緊急推進事業」の募集内容について、情報提供がありました。本事業については、平成24年度補正予算成立後に内容を確定し、 改めて公募等について周知する予定です。予算割当額は50億円の予定です。
 
【事業の主旨】
  住宅・建築物ストックの省エネルギー改修等を促進するため、
  国土交通省が民間事業者等から公募し、予算の範囲内において
  整備費等の一部を補助することにより、緊急的に省エネルギー改修及び
  関連投資の活性化を図ることを目的とします。
  尚、要望額が予算を超えた場合、優先順位を付けて採択が決定されます。
 【対象】
  非住宅と住宅
 【要件】
  「独立行政法人 建築研究所」のHPにてそれぞれの情報が記載されています。
  確認ください。
  http://www.kenken.go.jp/shouenekaishu/info-s.html 

【ポイント】
補助額 補助対象費用の1/3以内 
  1. 非住宅 上限額 5,000万円/件(設備部分は2,500万円) バリアフリー改修は2,500万円を加算
  2. 住宅   上限額 50万円/戸 バリアフリー改修を行う場合25万円を追加加算
要件と対象事業

平成24年度中に着手(計画立案をもって着手とみなされます)できること。具体的、確実な現場が必要。規模としては、総事業費が500万円以上であることが必要で、複数の住宅分をまとめて提案することが可能。要望が予算額を超える場合、審査が入り補助対象額の精査が行われます。その場合、住宅においては断熱効果の高い躯体改修の順で優先順位がつきます。

上記HPの説明ファイルに記載の【住宅用】2ページの別表1-(1) タイプA>B>C>Dの順となります。
menu補正予算が成立し公募が開始されてから締め切りまで14日間となります。上記HPより事業者登録を行っていただき、HPにて公開されている申請書にて申請となります。現在の申請様式は、補正予算成立前なので(案)となっております。

概要 gaiyou 非住宅 hijyuutaku 住宅 jyuutaku

(2013/2/20)