姫路の住まい情報館 新商品、展示会や各種イベント・キャンペーンと最新の住宅政策情報

既存住宅インスペクションのガイドラインの最終案がまとまる

2013-05-22 (Wed) 17:19
国土交通省はこのほど、策定に向けて準備を進めている『既存住宅インスペクション・ガイドライン』について、パブリック・コメント(一般からの意見募集)をホームページ上で開始した。募集期間は5月30日まで。

guideline  ←ガイドラインの策定は、中古住宅流通の促進を目指す国交省が、実現に向けた具体策の1つにインスペクション(建物診断・検査)を位置付けていることを受けたもの。今回のガイドラインの対象は、既存住宅の取引時における利用を前提とした基礎的なインスペクション(建物診断・検査)共通して実施されることが望ましい検査項目や方法・手順が示された。

そのほかに、インスペクターの資質や守るべきルール、倫理基準などが提示されている。特に注目を要するのが客観性・中立性の確保と取引に関するルールなどの情報開示。