姫路の住まい情報館 新商品、展示会や各種イベント・キャンペーンと最新の住宅政策情報

国交白書 若者の持ち家率が減少傾向

2013-07-03 (Wed) 18:04

国土交通省は7月2日、「平成24年度国土交通白書」を発表した。今回の白書では、「若者の暮らし」をテーマとして取り上げた。40代以下の持ち家率は1983年以降おおむね減少傾向にある。特に30代の持ち家率は、1983年の53.3%から2008年が39.0%と減少幅が大きい。

motiie1また、持ち家志向も年々減少傾向にある。20代・30代で土地・建物を両方所有したいと考える人は、1993年は81.7%だったのが、2011年は75.5%と6ポイント以上減少した。賃貸でも構わないという人も徐々にではあるが増えている。

motiie2
ただ、東京圏では30代の持ち家率は持ち直し傾向が見られる。なかでも東京都ではその傾向が顕著。