姫路の住まい情報館 新商品、展示会や各種イベント・キャンペーンと最新の住宅政策情報

中古市場活性化に向け、住宅・金融業界が対策を検討

2013-09-27 (Fri) 19:25
中古住宅市場の活性化に向けた方策を、金融業界と住宅・不動産業界が一緒のテーブルについて話し合う「中古住宅市場活性化ラウンドテーブル」の第1回会合が9月26日、開催された。2014年度までの2カ年度で開催する予定。

事務局は国土交通省住宅局が務め、金融庁監督局銀行第一課もオブザーバーとして参加する。当面は、(1)新しい中古住宅の建物評価手法を中古住宅市場と金融市場に定着させるための方策、(2)高齢化・ストック社会を見据えた中古住宅関連金融のあり方―の2つのテーマを中心に検討を進める。

中古住宅の評価方法の定着に向けては、リフォームによる建物価値の向上を評価に反映させる方法やインスペクションの活用方策などを議論する。中古住宅関連の金融商品のあり方については、新しい評価方法のもとでの新しい金融商品の開発や、戸建て賃貸住宅市場の活性化による金融ビジネスの拡大、リフォームローンに関するリフォーム業者と金融機関の連携の可能性などを検討する。
 
特記すべき点は下記
 
・検査済証のない住宅について(資料5‐4 検査は指定確認検査機関が実施の予定。ガイドライン策定中)
・宅建業者から金融機関への要望事項(民間発表資料1)
・スムスム査定方式(民間発表資料2 大手ハウスメーカの査定事例 リフォーム分が査定に反映される仕組みづくり)
・リノベーション住宅推進協議会(リビタ発表 各種リノベ工事の品質基準と種類、標準フロー)