姫路の住まい情報館 新商品、展示会や各種イベント・キャンペーンと最新の住宅政策情報

「既存住宅現況検査技術者講習」が始まる

2013-10-24 (Thu) 16:21
10月8日、(一社)住宅瑕疵担保責任保険協会より既存住宅の検査員講習の開催に関するリリース情報が公開された。この講習は、本年6月に公表された「既存住宅インスペクション・ガイドライン」の内容を踏まえたもので、検査方法、サービス提供時の留意事項や関連法令などに関する知識と実務上必要な事項の習得には欠かせない講習会。終了考査の合格者には登録証が発行される。

今回公表された講習会の目的は、技術者の養成でホームインスペクションを普及させ、中古住宅の流通を活性化させるため。既存住宅売買瑕疵保険の申込み時に必要な現場検査を書類審査で代替できる等のメリットもあり、費用面での利用者の負担も軽減できる。今回の資格制度開始に伴い、各瑕疵担保責任保険会社からは保険期間や填補額を縮小した新商品のリリースも予定されている。

申込みは協会のHPから直接申込みができるが、注意点は、今回は第一回目なので受講対象が、(1)建築士事務所 又は(2)登録性能評価機関に所属する建築士のみとなっている。今後受講対象者は、施工管理者や経験者にも拡大される模様である。

参考:日本住宅保証機構 2013/10/22リリース

(2013/10/24)