姫路の住まい情報館 新商品、展示会や各種イベント・キャンペーンと最新の住宅政策情報

ヨドコウ物置 屋根壁材にガルバリウム鋼板を全面採用を開始

2009-06-08 (Mon) 10:31
国内の物置市場で圧倒的なシェアをもつヨドコウ(淀川製鋼所)は、物置の屋根と壁に使用される鋼板の材質を従来のカラー鋼板からガルバリウム鋼板に全面的に切り替えることになった。ガルバリウム鋼板はアルミ亜鉛合金メッキで様々な商業施設や店舗など建築物に使用されている高耐久性表面処理鋼板で、ますます錆びにくくなるもの。

従来はコスト面で高くつくため、汎用品の物置には採用されていなかったが、その優れた耐久性が建築市場で評価され、外装用鋼板としては主流となってきたためコスト面の課題も克服できるようになってきた背景がある。最近の例では、阪神甲子園球場の銀傘には同社のガルバニウム鋼板が採用されている。

他社の動向が気になるところであるが、今のところ他社が追随してくるという情報はない。物置業界では唯一鋼板から製品まで一貫生産を行っている会社ならばこそできることで、いわば独自の強みを生かした商品戦略である。商品の品質保証面にも自信と安心さを感じる。

発売は7月1日よりの予定。商品は、6月11~12日の関西エクステリアフェア(大阪インテックス)にて発表の予定。