天板(カウンター) キッチンのカウンター(天板)を考える

機能から見た天板選びのポイント

清掃性

毎日使うキッチンの掃除のしやすさは非常に重要。ステンレス素材の場合は、曲げ部でステンレス板を継いでいるか、それとも一枚モノのステンレス板を押出成形したものかでゴミの溜まり具合が違います。人造大理石の場合は、傷と汚れの染み込みがポイントになります。

耐久性

傷の付きやすさと耐熱性が大切。

ステンレス製では、傷がついても目立たなくするためにヘアラインやエンボスなどの表面加工や表面塗膜処理が施されていますが、その具体的な性能がポイントになります。

yogore

 出典:クリナップHPより 

人造大理石では、素材の種類によって耐熱性能が異なってきますので、メーカーのショールームでよく確認をすることが大切。人造大理石を成型する時の気温や成型温度、成形時間、樹脂の配合等成形条件によっては耐熱性の劣る部材が出荷されることもありうるので、使用開始から間もない時期に変色などの異常が発生した場合は遠慮せずにメーカーに相談してください。

デザイン性

近頃のキッチンは「見せて楽しむ」要素が強くなり、キッチンのレイアウトやデザイン、カラー等バリエーションも増えてきています。デザイン性を求めるのであれば、人造大理石が断然有利。色だけでなく、半透明なものとか、シンク部に別の色を採用したツートンカラーのものも発売されています。リビングと一体になったオープン型キッチンが主流になってきましたので、全体の雰囲気や好みに応じたデザインや色を選べるようになってきました。

天板部にピンク色の透かしで桜の花びら模様を入れたものもあります。

レイアウト

シンク・水栓・コンロ・調理スペースのレイアウトや位置はお好みで自由に移動できるプランが大勢です。左右の壁の有無や調理スペースなど、キッチンの使い方や同時に使用する人数によって最適なレイアウトが可能です。 

天板の材質(素材)

カウンターとかワークトップと呼ばれる天板の材質には、大きく分けてステンレス素材のものと人造大理石のものがあります。

ステンレスは錆びにくくするためにクローム(Cr)やニッケル(Ni)を含ませた合金鋼ですが、メーカーによって使用する材質が異なります。一般的には18Cr-8Ni(SUS304) けののののの()(のものが多く利用されていますが、Ni成分を含まない18C(SUS430)r を採用している製品もありますが、実用上の性能面ではほとんど違いはありません。敢えていうなら、SUS304は錆びに強く、SUS430は熱に強いということ。コンロ台などには、SUS430が使われることが多いようです。

主成分による分類
金属塑性による分類
区分
通称名
代表的鋼種
概略組成
クロム系 13クロム系 SUS410 13Cr マルテンサイト系
18クロム系 SUS430 18Cr フェライト系
クロム・ニッケル系 18クロム8ニッケル系 SUS304 18Cr-8Ni オーステナイト系
SUS316 18Cr-12Ni-2.5Mo

人造大理石は、各種の合成樹脂に各種無機物を混ぜて加熱し、加工成型し大理石風の風合いを持たせた素材です。主たる樹脂成分によって、ポリエステル系のものとアクリル系のものがありますが、ポリエステル系は価格は安いものの、ミクロの穴で汚れが染み込みやすいのと熱に弱いので最近はアクリル系が主流となっています。 人造大理石
 

人造大理石の特徴は何と言ってもカラフルなこと。それにシンク部と天板部を一体成型が可能なので、継ぎ目の部分の汚れが付きにくい利点があります。傷の付きにくさでは、やはりステンレスに軍配があがります。最近のステンレスは、表面にセラミック系のコーティングを施したり、エンボス加工といって、表面の凹凸で傷がついても目立たなくする技術を応用した商品が出ています。

デュポンのコーリアン(メタクリル樹脂強化無機材 )は耐久性と質感で定評があり人造大理石の最高級品。 

素材別メリットとデメリット

素材 メリット デメリット
ステンレス  耐久性が高く、長寿命
 価格は安い
 細かな傷が付きにくい
 もらい錆びの発生することがある
人造大理石  カラーバリエーションが豊富
 傷が目立ちにくい
 やかんなど高温のものを置くと変色することがある
 汚れが染み込みやすい

天板のサイズ 奥行と間口

奥行き 標準は65cm

従来は60cmのものが中心でしたが、現在はより広い調理スペースを確保できる65cm奥行きのキッチンプランも人気でこれが標準となっています。対面タイプのキッチンでは、奥行きが80cm-95cmのものもありますが、あまり奥行きが深いと手が届かなくなって逆に不便になりますので、使い勝手はメーカーのショールームで体験しながら自分にぴったりのサイズを選んでください。

間口 180cmから300cm程度まで

キッチンの間口を決定する要素は、シンク・調理スペース・コンロ部のサイズ。180cmから300cmまでお部屋の大きさに合わせて細かくフリープランで出来るのがシステムキッチンの特徴です。