システムキッチン 食は家族の命の源 団らんと幸せが始まるところ

システムキッチンの賢い選び方

システムキッチンとは? 選べる「形」「デザイン」「サイズ」「機能」

システムキッチンは様々な形、デザイン、サイズやビルトイン機器などの機能をお好みで選ぶことのできるオーダーメイドタイプのキッチンです。

triangleキッチンを選ぶときに先ず一番先に決めなければならないのが、レイアウトの形。大きく分けると「I型」「II型」「L型」「アイランド型」「ペニンシュラ型」の5種類です。

これらの標準型に収納キャビネット等を組合わせたより複雑なプランも自由に構成ができますので、お好みのプランをショールームで確認してください。最近は対面キッチンのプランに人気があります。

レイアウトを考えるときに重要なのが、作業動線。シンク・加熱機器・冷蔵庫の三点を結ぶワークトライアングルの3辺の適切な長さ標準が目安となります。

これ以上長い動線になると、作業効率が低下して、不便になりますのでご注意ください。

I型 SKI  最もスタンダードなタイプ。横幅2550mm(間口)が基本
 狭いキッチンにも適応可
 間口が大きくなりすぎると、逆に動線が長くなり
 作業効率が低下して不便
II型  SKII  シンクとコンロが2列に分かれているタイプ。
 シンク側からコンロ側に調理器具を移動するときに床が
 汚れやすいデメリットあり。
 作業分担する場合に適しているタイプ
 
L型 SKL  二面の壁を利用するタイプ。
 動線が短く、スペースを有効につかえるが、冷蔵庫の
 位置がポイント
アイランド/
ペニンシュラ型
SKIL  キッチンが飛び地になっているタイプ。
 あらゆる方向から家族や来客がキッチンを取り囲める
 融通性がある
 ガスコンロで排気が弱いと、料理のニオイや煙がリビング
 に広がる難あり。IHコンロが無難
 大きなスペースを占めるので、狭いリビングだと圧迫感
 がある
 ペニンシュラ型は、側面だけが壁面に接しているタイプ
キッチンの高さ

キッチンの高さは非常に大切。キッチンで高さが問題になるのは、調理作業を行うワークトップと収納物の出し入れを行うウォールキャビネットです。キッチンでの作業のほとんどはワークトップの前での立ち作業になりますので、ワークトップの高さによって正しい姿勢で作業できるかが決まってきます。低すぎると腰に負担がかかる。高すぎると使い勝手が悪い。標準は、【身長÷2+5cm】が目安。最も使用頻度の大きい人を中心に、将来の家族構成の変化も加味して決めることが大切。必ずショールームで説明を受けて、実際に試してみてから決めてください。

機能性

キッチンを構成する部材によって、それぞれに求められる機能性があります。特に大切なのが、収納力と清掃性、及び耐久性。詳しくは、それぞれの部材のページをご覧ください。

部材・ビルトイン機器 求められる機能性
 キッチンカウンター(天板)  清掃性/耐久性/デザイン性/収納力
 扉柄とキャビネット(箱部  清掃性/耐久性/収納力
 シンク  清掃性/音/耐久性
 カラン(水栓)  機能性
 コンロ  清掃性/耐久性/コンロの口数/安全性
 レンジフード  清掃性/煙の捕集力と排気力
 乾燥機食器洗浄  容量/静音性/洗浄時間
 浄水器と整水器  設置場所/浄水能力/付加機能
 オーブン  調理能力/清掃性

システムキッチンの価格要素

システムキッチンの価格を決定する要素は、

  1. 扉柄(タイプ)
  2. 天板の素材
  3. ビルトイン機器
  4. レイアウトと収納スペース

です。これらの組合せによって無限に近いプランが可能ですので、先ずはお近くのショールームで相談するのがお薦めです。メーカーによっては、Webプランを作成するサイトを設けているところもありますのでご利用ください。