住まいと安全 お年寄りと乳幼児の家庭内での不慮の事故による死亡は、交通事故数よりも多い現実

地震への備え
(耐震構造と安全)

地震大国の日本では、万が一の備えにしっかりとした住宅の地震対策を。
対策には耐震構造化と免震、制震の3つがあります。

家庭内事故の現実

家庭内事故は交通事故とほぼ同数発生。高齢者と幼児に限ると、最も
多いのが家庭内事故です。ちょっとした配慮で事故を防ぎましょう。

意外に多いコンロでの
衣類着火事故

高齢者の和服の袖にガスコンロの炎が着火して、火傷を負う事故が増えて
います。ガスコンロを安全に使用する方法を説明します。

脳卒中とヒートショック
(家庭内の温熱環境)

特に冬場は入浴時の脳卒中に用心してください。浴室と床は十分温めて
からお入りいただくことが、事故の予防に効果的です。

シックハウス症候群

シックハウス症候群はほっておくと化学物質過敏症のアレルギーで大変な
ことになります。正しい知識が最大の予防です。

防犯対策は万全ですか?

安全だといわれていた日本も残念ながら物騒な世になってきました。空き巣、
強盗、殺人、放火・・・自分の家は自分で守るセキュリティ対策。 (編集中)

床下換気とシロアリ対策

床下は住まいの死角。基礎や土台と接するこの部分は建物の寿命だけで
なく、住まう人の健康に大きな影響を及ぼす大切な場所です。 (編集中)

消火器と火災報知機

万が一に備えることが、大切な命と財産を守ることになります。火災報知機は
法令の改正で設置が既存の住宅にも義務付けられています。 (編集中)
住まいのトラブルで一番難しいのが「雨漏り」。一度トラブルが起きてしまうと
雨の侵入通路が出来てしまって、しかも発見がなかなかできないという厄介者
雨仕舞と防水工事を説明します。編集中)