建物と防水 雨漏りは建物の天敵

現在このページは編集中です

各種防水工法の性能比較

工 法 施工概要 長 所 短 所 判 定
FRP防水
 
 
編集中
 
 
 
 
・液状のポリエステル樹脂に少量の硬化
 剤を混合し、ガラスマットなどを補強材と
 して下地に張り込む工法
 
 
 
 
 
 
 
・全面シームレスな防水層となる
・耐酸/耐アルカリ性が高い
・防水層は強度が大きく、寿命も長い
・FRP樹脂同士は密着するため、経年
 後の全面改修は安価
 
 
 
 
 
 
 
・初期コストは高い
 
 
 
 
 
 
 
引張強度
耐久性
防水面一体性
軽量性
部分補修性
接着性
工期
価格  ×
ウレタン防水 ・2液性のウレタン樹脂を混合し、不織布
 等を補強材にして塗布する方法
・下塗りと上塗りの2層に分ける場合が多い
・全面シームレスな防水層を形成する
・施工費は比較的安価
・膜厚管理が困難
・耐薬品性が要求される場合、上
塗りにFRPを利用する複合膜工法
が一般的で、耐薬品性はやや劣る 
引張強度  
        耐久性  
        防水面一体性   
        軽量性   
        部分補修性   
        接着   
         工期  
        価格