住宅内の温度差による脳卒中のリスク 対策は、できるだけ温度差を減らすこと

ヒートショックが引き起こす脳卒中

高齢者の入浴事故はどうしてよくおこるのか? 東京都健康長寿医療センターのレポートから
ヒートショックが引き起こす脳卒中
 
ヒートショックとは、急激な温度の変化が、身体に及ぼす影響のことです。入浴は、冬場ではエアコンを付けて暖かくしたリビングから寒い脱衣場に移動して裸になり、冷え切った後に、いきなり熱いお湯につかるという行為。エアコンのないトイレへの移動と排便行為も同じで、体表面の温度変化で、急激な血圧変動がおきて体に負担がかかると、高齢者や高血圧などの慢性疾患をもつ人にとっては脳梗塞などの危険が大きい。

更に高温の湯につかることで、水圧による心臓への負担の増大もある。高温浴は交感神経を刺激して血圧の上昇と心拍数の増加につながるところに水圧がかかるので益々負担が大きくなるもの。脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こし事故につながることもあります。特に高齢者の事故が多くなっています。

高齢者の風呂場での事故死が家庭内で多いのは、この急激な温度変化で倒れ、浴槽内で溺れていても、発見が遅れがちであることが原因です。通常、バリヤフリーは段差解消などの物理的なバリヤをなくすることをいいますが、温熱環境をよくして、できるだけ温度差をなくすこともバリヤフリー化の一つです。

BP_henka

 
参考図:「改めて問う住宅の安全性と快適性」羽山広文(北海道大学大学院工学研究科准教授)より引用

 
heat1 【死亡順位6位までの月別死亡率と変動係数(2005年)】heat2
 【不慮の事故の月別死亡率と変動係数(2005年)】
 
住宅内の温度差をなくすには?

滞在時間の長い居間や食堂などの部屋の中はもちろん、廊下や洗面所、トイレなど一時的にしか使用しない場所も含め、家の中はできる限り温度差がないようにするのが血管系の事故防止に有効です。それに最も有効な手段が、住宅の「断熱化」です。断熱性能を表す数値には、建物全体の断熱性を表す「熱損失係数=Q値(W/m2・K)」を利用します。Q値は、壁・天井・窓などの部位から逃げる熱の総量を延床面積で割ったもので、地域によってそれぞれの基準値が定められれいます。住宅内の温度差をなくすには、熱が逃げる部位の断熱性能(熱貫流率/熱抵抗)の高い材料を採用しますが、それだけではダメで、もう一つ隙間を減らすことが必要です。
 
換気と隙間風の違い

換気とは「常に、出入口を明確にして、必要な量の新鮮空気を取り入れ、汚染空気を排出する」ことで、風まかせでその向き、量ともにコントロールされていない「隙間風」とははっきりと区別しておく必要があります。「自然換気」を隙間風と勘違いすることがありますが、区別してください。住宅の気密性能が低くて、隙間風が多いと熱が逃げてゆきますので、省エネにはなりませんし、機械的に暖房をするとますます温度差が大きくなってしまいます。気密性能は、「相当隙間面積(C値=cm2/m2)」で表示されます。気密性を高くするには、部材と部材の隙間をなくし、壁内には防湿シートを張り込める工法を採用します。これで、同時に室内の湿気が壁内で結露するのを防ぐことができます。

温熱バリヤフリーで温度差の解消を

室内から温度差を解消する

住まいには、移動時の安全を確保するため段差の解消など物理的な対策も必要ですが、光や熱、風のバリヤフリーの要素も不可欠です。光や風については、「採光」や「通風」という言葉で普段から意識されていますが、熱についてはどんな言葉があてはまるかわからないくらいこれまでは意識されていませんでした。

断熱性能に乏しい古い日本家屋は各部屋間に温度差が生じやすく、特に冬場はその差が顕著です。これらの温度差を解消るるのが温熱バリヤフリーリフォームで、家庭内で起こる事故の軽減に効果的です。

温熱環境のバリヤフリーを実現する工法・材料・設備


温熱バリヤフリーの環境づくりに欠かせない要素を箇条書きします。

1.断熱:外断熱や充填断熱の工法はいずれでも可ですが、外気に接する部位や開口部はすっぽりと包んで断熱することが必要です。断熱・気密性能が高い住宅で、高低差を用いた自然換気ができるような間取りにすれば、一階のリビングに設置したエアコンだけで2階の隅々まで寒くない住宅にすることができます。

2.隙間をなくして、気密性を高める。

3.窓は断熱2重サッシ(樹脂サッシが好ましい)や複層ガラスにし、日射を取り込む部分はLow-E遮熱ガラスにすして、窓などの開口部からの熱損失を最小限にする。

4.ドアも断熱ドアとする。特に玄関ドアは断熱性能の高いものにする。

5.浴室は断熱構造にする。外気と接する浴槽下部も断熱タイプにする

6.省エネタイプの暖房設備で補う。小部屋がたくさんある場合は、床暖房などで小分けされた部屋を一体化して、室温を均等にする。

7.浴室換気暖房機、ミストシャワー、パネルヒーター、床暖房、トイレの暖房便座などを予算に合わせて効率的に採用する。

ご家庭でできる簡単な入浴時のヒートショック対策

1.洗面所やトイレには、すぐに暖かくなる暖房機を置いて、温度差を最小限に抑える
2.お湯の温度は38℃~40℃でぬるめにしておくと。いきなり熱いお湯に入るのは、自殺行為
3.入浴する前に、浴室内と床をお湯のシャワーで温めておく。
4.食後や空腹時は血圧の変化がおきやすいので、入浴は避ける
5.高血圧の家族は、一番湯には入らない