エコキュート 省エネ給湯の王者 ヒートポンプと熱交換技術の結晶

大気の熱+電気を効率よく使う自然冷媒CO2ヒートポンプ給湯器

エコキュートのメリット

  1. 電気使用量を低減して、光熱費を抑制
  2. 割安な深夜電力を利用するので経済的
  3. 貯湯タンクのお湯は、非常時の生活水にも利用できるので安心(370Lタンクで4人家族なら3日分)
  4. 燃焼式給湯器に比べて火災リスクが少ないので、火災保険料の割引もあり
エコキュートはヒートポンプ技術を応用した給湯器です。ヒートポンプは気体(冷媒)を圧縮すると温度が上昇し、減圧すると温度が下がる原理を応用したものです。大気の熱(潜熱)を熱源として、コンプレッサーや熱交換機で消費する電気エネルギーの3倍以上の熱エネルギーを取り出ことができ、大変熱効率が高いので、地球温暖化防止の大きなツールとして注目されているものです。冷媒にはフロンの代りに自然冷媒のCO2を使用しています。

エコキュートは電力料金の安い深夜電力を利用してヒートポンプでお湯を沸かし、これを貯湯槽に貯めて使用する給湯器です。ガス燃焼式給湯器と比べ、エネルギー消費量を約30%、CO2排出量を約40%削減しますので、家庭でも光熱費が大幅に削減できます。

従来は家庭用が中心でしたが、冷凍機など工場の排熱を効果的に改修する仕組みを採用することで、80℃程度の高温水が供給できるようになり、ガス式ボイラーの代替が可能になってきました。

給湯器に続き、食品工場向けの殺菌用蒸気発生装置や産業用の大型給湯器などが開発されています。

HPump1エコキュートは自然のエネルギーを利用する給湯システム。エコキュートのキーテクノロジーは、環境への負荷を大幅に抑える自然冷媒(CO2)を使ったヒートポンプで、燃焼式の給湯システムに比べ、高い省エネルギー効果を生む。圧縮機で最高100気圧まで加圧すると、冷媒の温度が上昇し、熱交換器を通して隣接する水を90℃という高温にできる(出所:財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター)