木質系内装建材 ドアやフローリングなど室内用の建材を解説します

エコ建材

現在このページは編集中です
環境問題が深刻さを増す中で、Co2排出抑制の視点から改めて注目を集めているのが「木」です。木はCo2を吸収して閉じ込める機能(固定化)をもっています。自然の森林だけでなく、森林資源を活用した木造住宅でもこの機能は失われません。さらに木は再生可能な資源でもあるので、森林を適切に管理することで、Co2を固定化することができるだけでなく、次世代につながる資源をそだてることのできる貴重な資源といえます。そうした木をさらに有効活用するエコマテリアルが木質繊維板で、主に木材などの植物繊維を成型した繊維板のことで、密度によってインシュレーションボードとかハードボードなどとも呼ばれています。

原材料となる木材は、解体された中古住宅の廃材や製材所や合板工場からでる端材た間伐材を再資源化して活用するもの。

木質繊維板は、断熱性、高強度、軽量、調湿性などの特長をもち、近年では住宅用では畳、収納材、キッチン扉、襖の芯材、床暖房の断熱材、調湿材、耐震面材などにも利用されています。非住宅の分野でも、間仕切りパネルの下地、梱包材、ペット用吸水材、屋上緑化の保水ボードなどにも利用されています。