ガルバリウム鋼板 商業施設や店舗などの屋根や外装に使用されている高耐久性表面処理鋼板

ガルバリウム鋼板とは

 
galvalayerガルバリウム鋼板は、アメリカの鉄鋼メーカーが開発したアルニミウム+亜鉛合金めっき鋼板の名称です。通常の亜鉛めっき鋼板よりも錆びに強く、現在では外装建材のほとんどに使用される表面処理鋼板の主流となっています。


アルミ55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%からなる合金めっき鋼板で、通常の亜鉛メッキ鋼板と比較すると、メッキの成分にアルミニウムがバランスよく構成され、アルミニウムの特性(耐食性・加工性・耐熱性・熱反射性)と、亜鉛の特質(鉄に対するガルバニックアクション=よりイオン化傾向の高い亜鉛の化学反応により生成された電気による溶融現象)により、耐久性が特にすぐれ、あらゆる用途に役立つ優秀な新素材で極めて高い耐食性を発揮します。又、従来の溶融亜鉛めっき鋼板に比べて3~6倍の寿命を持ち、熱反射率は約2倍。素材そのものが銀白色で美しく輝きます。

 

亜鉛の耐錆力メカニズム

鋼板に亜鉛メッキ処理を施すのには、二つの理由があります。

1.被膜保護作用

galva1一つ目は亜鉛メッキの表面にできる亜鉛の酸化被膜が空気や水を通しにくい安定した性質を持っているからです。






2.犠牲防食作用

galva2二つ目は鋼板の表面にキズが発生し、鉄の素地がでてきたとしても、鉄が錆びる前にキズの周囲の亜鉛が先に溶け出して鉄を保護します。これを犠牲防食といいます。




これらの二つの作用により、亜鉛めっきが広く使われています。

アルミニウムの防錆力

galva3アルミニウムは空気中ではすぐに酸化しますが、これが強固で緻密な安定した酸化被膜を形成するため、錆びが内部に進行しにくい特徴があります。

亜鉛とアルミニウムの相乗効果

galvacrossメッキ層の亜鉛が犠牲防食作用によって自ら溶け出し、鋼板の錆びを防ぎますが、亜鉛を多く含む層(亜鉛リッチ層)は痩せてしまいます。この痩せてしまった部分にアルミニウムの酸化被膜が補填され、亜鉛の溶け出した部分を埋めてゆきます。これを自己修復機能と呼びますが、これによりガルバリウム鋼板の耐久性が3~6倍に強化されます。

ガルバリウム鋼板の曝露試験結果

hikaku塗装前の亜鉛メッキ鋼板(左)とガルバリウム鋼板(右)の原版を海岸地域の屋外に設置し、16年間の曝露試験(淀川製鋼所の福井工場近辺にて)を実施した結果がこの写真です。

ガルバリウム鋼板にはほとんど錆びが発生していません。

実際のヨドコウ商品は、ガルバリウム鋼板に塗装を施し、より防錆力を高めてあります。


ガルバリウム鋼板の弱点

メッキ成分にはアルミニウムが含まれていますので、アルカリ成分の多い鶏舎、豚舎、堆肥舎などでは溶融亜鉛メッキ鋼板よりも耐食性に劣る場合がありますのでご注意ください。又、メッキに含まれるアルミニウムは亜鉛よりも加工性に乏しいため、厳しい曲げ加工を施す場合は細心の注意が必要意です。尚、アルミが多く含まれているため、従来のカラー鋼板で採用されていた溶接が困難なため、ガルバリウム鋼板の採用にあたっては、通常曲げ加工を施し、溶接レスを実現すると同時に防錆性能の向上を実現しています。

鋼板の切断端面(切り口)には錆びが発生しますが、経年と共にアルミニウムの酸化被膜(黒錆び)を形成しますので、錆びが内部にまで進行することはありません。

ヨドコウでは、このガルバリウム鋼板の特性や長年の屋外曝露試験と外装材としての豊富な採用実績を踏まえて、ガルバリウム鋼板の総合的な耐食性能を優秀と評価し、平成21年7月より全面的にエクステリア商品の素地にガルバリウム鋼板を他メーカーに先駆けて採用することになったものです。実際のエクステリア商品()には、この素地に更に高品質の塗装を施しています。

参考:物置 倉庫/ガレージ

ヨドコウガルバリウム鋼板の採用実例

sekourei1 工事名称:阪神甲子園球場屋根改修工事(銀傘)
 事業主体:阪神電気鉄道株式会社
 設計施工:株式会社 大林組
 施工面積:約7500m2
 製品仕様:ヨドルーフ180ハゼガルバリウム鋼板1.0mm
        両面フッ素塗装





その他の施行例 さいたまスーパーアリーナ他