防音対策 屋内外の騒音対策と防音室デザインについて

音の種類と住宅内の音

住まいで問題となる騒音には、大別すると2種類ある。
  1. 空気伝搬音:空気中を伝わって耳に届く音のこと。外部から伝わってくる車の音、工事現場の音、ジェット機の音、隣家から聞こえてくる音と住宅内部から聞こえてくる話し声、楽器の音など。
  2. 固体伝搬音:上階の床を歩く音や物を落としたときの音が床を振動させて下階へ伝わるもので、床衝撃音ともいう。床衝撃音は更に、重量床衝撃音と軽量床衝撃音に区別される。
  • 重量床衝撃音は、跳びはねたときに発生する重くて柔らかい衝撃の「ドンドン」という音。この音は、梁や根太及び床下地板を含めた床構造が関係している音。
     
  • 軽量衝撃音は、スプーンやコインを落としたときに生じる、軽くて硬い衝撃の「コツコツ」という音。この音は、仕上げ材の柔らかさが関係してくる。
問題となる音がどの種類の音かを正確に見極めた上で対策を講じなければならない。

重量床衝撃音への対策は、質量と剛性の大きな床構造をつくること。

床の質量が大きいと、床の振動がしにくくなる。床の質量を大きくするには床下地材を積層して厚くする。又、剛性を大きくすれば衝撃に対してたわみが少なくなり、音が抑えられる。剛性を大きくするには、根太や梁を太くしたり、ピッチを細かくすればよい。

軽量床衝撃音への対策は、仕上げ材に柔らかい材料を用いること。カーペットや畳敷きにすることでほとんどが解消する。フローリングにする場合でも、裏面にクッション材を張り付けた防音フローリングを使用すると音が抑えられる。但し、性能が高いほど柔らかくなるので、フワフワとした歩行感で違和感を感じるlことがあるので注意を要する。施工の前に、十分に説明をすることが大切。下階の天井裏にグラスウールなどの吸音材を敷き詰めると効果的。断熱性能も増すので、一石二鳥。
bouon1
出典:「住宅技術の新常識」(建築技術支援協会)

現行の建築基準法では、24時間換気システムの導入が義務付けられていますが、この制度によってドアの下部にアンダーカットを施すことが多くなったため、ドアの遮音性能が低下して家の中の騒音問題に新たな影響をおよぼすこととなりました。

住宅の高断熱・高気密化で、室内に入ってくる外部騒音が少なくなった半面、従来は気にならなかった家の中の音が気になるようになってきたのも新しい問題です。カビやダニの発生を防ぐために、フローリングがおおくなって、音の反響がおおきくなったのも同様の問題です。

音の大きさ

人間の聴覚で感じ取る音の「大きさ・小ささ」「高さ・低さ」が音の性能。物理学では音の大きさは、「音圧」できまり、dB(デシベル)の単位で表す。音の高さは、「震度数」でHz(ヘルツ)という単位で表します。

人間の聴覚は、聞きたい音を選んで聞こえる選択性がありますが、聞こえ方は十人十色。嫌な音ほど耳につくものです。自分にとっては、心地よい音でも他人にとっては嫌な迷惑となることもありますので、それぞれの暮らしに合わせて、音との上手な付き合いをすることが肝心です。

音の問題は感覚的なものだけに、いったんトラブルになると耳につきまとって、かなり大きな改善がないと問題が解決しないことが多い。音の大きさでは、3dB程度の完全ではその差が分からない。5dBで改善効果が認識できる。10dBの改善で元の半分の大きさに聞こえる。

建物の音に対するトラブルの予防策は、住まい手にその音に関する性能をよく事前説明すること。これでトラブルの多くは未然に防げる。

bouon2
出典:大建工業のWebサイトより

屋外の騒音対策

自動車や工場、建築工事の「騒音や公園からの子どもの声、ジェット機のエンジン音など想像以上に屋外の騒音が激しくて、悩まされることがある。体調のすぐれない時には、我慢ができないほどつらいこともある。

空気伝播する外部騒音が建物の中に入ってくる経路には、大別すると(1)窓 (2)壁 (3)天井 (4)換気口の4経路があるが、重要なのは、遮音性能の一番低い部位で建物全体の遮音性能が決定するということ。もともと遮音性能の高い部位を更に遮音性能を良くしても効果はない。つまり、遮音対策は遮音性能の低い部位から順に対策を講じることが大切。

一般に窓のない住宅の外壁は35dB程度の遮音性能がある。窓の遮音性能は壁に比べると低く、例えば、単板の気密サッシは25dB程度なので、その差の10dBは、窓なしの壁面と窓のある壁面では2倍も音が大きく聞こえる印象となる。

窓対策では、二重窓が最も効果的。既築住宅でも、断熱改修も兼ねて内窓を付けるのであれば、比較的容易に施工ができる。

換気口からの騒音も、面積こそ小さいが外壁全体に及ぼす防音の効果は大きい。換気口に防音フードを取り付けるだけでも効果がある。換気扇のついている建物ならば遮音タイプの換気扇ものに取り換えるのがよい。防音フードを取り付ければ更に効果が上がる。

防音室をつくる

近隣に気兼ねなくピアノやドラムなどの楽器を弾くには防音室を設置する必要がある。最近は、大画面のテレビやホームシアターで映画やDVDを楽しむ人が増えている。

防音室の設計では、他の部屋からできる限り離して計画する。窓は防音の二重窓。外周部の壁は、できる限り隙間を塞いで遮音性を高める。リビングを防音室化することもできる。防音室はどうしても気密性が高くなり、窓を閉め切って使用するので空調設備と共に換気設備は不可欠。換気扇は窓と同程度の防音性のものを使用する。

防音室を設ける際の設計上のポイントは「離す」こと。

bouon3
出典:住宅技術の新常識(建築技術支援協会著)

参考:防音プラン 大建工業Webサイトより