給湯設備/熱源 各種熱源と給湯設備について

給湯器の種類

このページは編集中です
給湯器には供給されるエネルギーの種類によって、ガス/石油(灯油)/電気式に分類されます。それぞれの給湯器の特長を先ずご理解ください。

種類

エネルギー源

特 長

ガス給湯器

LPG/都市ガス

 必要な時に必要なだけお湯を沸かして給湯できる。排熱利用の高効率
 タイプはエコジョーズで燃焼効率=95%と省エネ対策の優等生

石油給湯器

灯油

 低燃費 灯油のストック場所、タンク、給油の手間 機能はガスと同等
 高効率タイプはエコフィールで燃焼効率=95%
 ガス/電気  瞬発力のあるガス給湯器と電気エネルギー利用効率の高いヒートポンプ
 式給湯器を組合わせた新型の給湯器。床暖房利用にメリットあり

電気温水器

深夜電力

 貯湯式 給湯量に制約があるが、高温さし湯など機能面では充実

エコキュート

深夜電力

 貯湯式 大気の潜熱を利用し電気でCo2冷媒を膨張・圧縮させ熱を取込む 

太陽熱温水器

太陽熱

 貯湯式 給湯量の制約、天候に左右されるため単独では使用不可
 熱変換効率は高いがあくまで補助的に使用

太陽光発電

太陽光

太陽電池を使用して発電と給湯 貯湯式 

燃料電池

LPG/都市ガス

ガスに含まれる水素と空気中の酸素を反応させて発電と給湯 貯湯式

 

APF 年間給湯効率

消費者の使用実態を考慮に入れた給湯効率を示すために、一年を通して、ある一定の条件(東京・大阪を平均とした気象条件・給水温度で42℃のお湯を一日に約425リットル使用)のもとにエコキュートを運転した時の単位消費電力量あたりの給湯熱量を示すもの。カタログに記載の値は、通常省エネモードの「おまかせ」で測定した値で、地域や使用条件等によって変わります。

電気 対 ガス

電気vsガスの戦いが熾烈になってきた。

電力陣営が力を入れる自然冷媒のCo2を使った「エコキュート」。オール電化住宅への切り札商品である。一方、ガス業界も「エネファーム」と称するガス燃料電池商品を住宅用に投入している。

以前なら給湯器はガス給湯器と相場が決まっていたが、エコキュートの登場で選択に迷う人も多い。家庭で消費するエネルギーの実に1/3が給湯用。何を選べばいいのか、その選択の指針を与えるのがここのテーマ。

エコキュートの最大の利点はそのエネルギー利用効率の高さ。消費電力当たりの加熱能力を示すCOPは最新のエコキュートは5.0を超すタイプのものも出始めている。ただ、電気がガスと違って石炭などの燃料(一時エネルギー)を燃やして発電するときに熱を放出し、さらに送電ロスもあるため、家庭で利用できる熱量は約40%とされる。つまり、COP=5だと一次エネルギーの200%に相当する熱を給湯に利用していることになる。

潜熱回収型の高効率ガス給湯器(エコジョーズ)では、廃熱の利用で熱効率が向上したといっても、一部の熱は待機中に拡散するので給湯に使える熱はせいぜい95%で100%を超えることはない。その意味で省エネ性は、エコキュートが断然優位にある。ただ、使い方によっては一次エネルギー利用効率が低下して、100%を割ることも考えられる。

電気とガスの徹底比較

イニシャルコスト

ランニングコスト 各種給湯器で浴槽に水を張るのに必要なエネルギーコストの比較
10℃の水200Lを42℃のお湯に沸かすのに必要な熱エネルギーは6400Kcal。この熱量を得るために必要なコスト(円)を比較してみた。

給湯器の種類

エネルギーコスト

 計算根拠

高効率ガス給湯器

   

高効率石油給湯器

   

電気温水器

   

エコキュート(COP=5)

   

太陽熱温水器

   

但し、電力価格は25円/kWh、深夜電力は同10円、ガスは150円/1m3で計算

エコキュートは電力会社が設定する破格の深夜料金を前提にお湯をつくるので、コスト面では優位性が目立つ。設置時の初期投資が少々他割高でも、元がとれるので人気が高い。使い勝手も良くなったので、「環境、経済性(イニシャル/ランニングコスト)、利便性」を総合的に判断すると現段階では最もバランスのよい商品」と言える。

現段階では、と条件を付けたのは、エコキュートの経済性の拠り所は、低額な深夜料金。今後燃料電池を利用した発電給湯設備「エネファーム」がコストダウンで普及する可能性もあるのと、「プラグインハイブリッド車」の普及で、夜間の蓄電需要が大きくなってくれば破格の夜間電力料金というエコキュートの優位性が揺らぐことが十分ありうる。

その意味で将来のエネルギー源は不確実な要素がおおいので、社会全体では多様性を確保しつつガスと電気をバランスよく利用する姿が好ましい。