新省エネ法改正(平成25年基準) 平成25年に改正された新基準を解説します

新ルールの施行は、建築物は平成25年4月1日から、住宅は半年遅れの10月1日より 暫定期間有

住宅や建築物に関する「新しい省エネルギー基準」が正式に決まった。平成25年1月31日付官報で国土交通省と経済産業省により告示された。新しい基準の施行日は、非住宅が2013年4月1日から、住宅が周知期間を設けて半年遅れの2013年10月1日から。ただし、経過措置として、非住宅については2014年3月31日まで、住宅は2015年3月31日までは、現行基準の適用も認められる。また、既存の建物の増築や改修などについてはしばらくの間、現行基準の適用も認められる。2020年までに段階的に義務化される予定。

この改正によって、住宅性能表示基準や長期優良住宅の認定基準も年内には更新される予定。

koutei図表出典【LIXIL】

一次エネルギーの消費量が新基準+外皮性能+平均日射熱取得率

従来は住宅では外皮基準(年間暖冷房負荷/熱損失係数/使用基準)でしたが、新基準では、
(1)一次エネルギー消費量基準を満たすこと
(2)外皮が満たすべき熱性能基準
(3)夏場の平均日射熱取得率に関する基準
の3点をクリアすることが義務付けされています。その際、太陽光発電による一次エネルギー消費量削減効果も反映できるようになっています。あわせて、建築物および住宅のそれぞれについて、一次エネルギー消費量に基づく評価方法が整備されました。

1) 住宅の一次エネルギー消費量基準の考え方

評価対象となる住宅において、(1)共通条件の下、(2)設計仕様(設計した省エネ手法を加味)で算定した値(設計一次エネルギー消費量)を、(3)基準仕様で算定した値(基準一次エネルギー消費量)で除した値が1以下となることを基本ととなります。
calcflow

2) 外皮が満たすべき熱性能に関する基準

(1)外皮平均熱貫流率(UA値)
 床面積当たりの熱損失係数(Q値)による基準から、外皮面積当たりの熱損失量を示す外皮平均熱貫流率(UA値)による基準が採用されています。
gaihiUA(2)冷房期の平均日射熱取得率(ηA(イータエー)値)
入射する日射量に対する室内に侵入する日射量の割合を外皮全体で平均した値です。
平均日射熱取得率は冷房期についてのみ外皮性能に関する基準として定められていますが、日射熱取得利用による暖房エネルギー削減のための重要な指標であるため、一次エネルギー消費量算定の際は、暖房期についても求めることが必要となります。